歯科医に出来ること

歯科医師に可能な治療

歯科と口腔外科の違い

歯科と口腔外科は似ているようですが、違います。医師の資格も異なりますし、専門課程も異なります。口腔外科の場合には医大に進学をした上で、専門医の資格を取得することになります。複雑な親不知の抜歯であったり、口腔がんに対応をする専門医です。歯科は歯大を卒業し、資格を取得するとなります。全身症状についての専門的な知識はそんなに多くはなく、歯の治療に専念をすることが仕事となっています。歯や口内炎、歯周病に対応をしています。抜歯で困難が予想される場合には、規模の大きな医療機関を紹介することもあり、対応にも限界があります。

医者はどうか

歯科の中の口腔外科とは

歯科というと、虫歯で歯を削ったり、歯周病で歯石をとったりという治療を思い浮かべます。しかし、口腔外科という診療科目があります。口腔外科では、親知らずを抜いたり、口の中や顎にできたガンの治療など、歯科の中でも外科的な治療を行います。口の中と言っても、歯だけでなく、歯茎や舌や粘膜など幅広い箇所を扱います。くちびるや顔面骨折なども範囲内です。生まれつきのものはもちろん、後天的な顎関節症の治療もしてくれます。最近増えてきた睡眠時無呼吸症などの治療も扱っていて、抜歯などの歯に限らない治療で、身近な診療科目です。

歯科の医療費情報