歯科で医療費控除

歯科治療費の控除とは

歯科矯正は医療費控除の対象

医療費控除とは、生計を共にする人すべての年間の治療費が1年に10万円以上と一定の金額を超えた場合、確定申告を行うことで所得税が控除される制度です。歯科においては審美目的の歯の矯正場合は、美容整形と同様の扱いで医療費控除の対象にはなりませんが、歯並びが悪くて噛み合せが上手くできなくて、虫歯や歯周病などの他の病気を併発する恐れがある場合など歯科医師から治療を必要とすると診断があった場合には控除の対象になります。確定申告する時に領収書と一緒に診断書も一緒に提出する事で税理所での処理がわかり易く、処理がスムーズにいきます。

医者はどうか

歯科矯正における医療費控除

歯科矯正は医療費控除が受けられないのではと考えられがちですが、決してそんなことはありません。医療費控除は治療のために支払った医療費が対象となるものです。ですから子供の不正咬合の矯正はもちろんのこと、成人であったとしても咬み合わせの向上を目的として、治療を受けた場合には控除の対象となります。本当に控除できるのか不安であれば歯科専門医の診断書を取り付けておくとよいでしょう。なお審美目的のために行ったものは控除の対象とはなりません。また治療費のうち、保険金等により充当されるものがあればその金額は控除しなければなりません。

日本橋 インプラントに関してはこちらがおすすめ。ぜひチェックしてみてください。あらゆる治療法について、丁寧に解説されていて便利です。

歯科の医療費情報

新着情報